トップページへ ご挨拶会社概要営業方針商品一覧トップお問い合わせ

社長のひとり言


 約40年に亘り、東南アジアを中心に健康を志向した食品素材の輸入を手がけてまいりました。
“健康オヤジ”と呼ばれる当社社長がひとこともの申させていただきます。

−ミツレフーズ株式会社−
代表取締役社長 三宅 利巨

 昔から、日本人は小魚(ちりめんじゃこ、いわし等)や玄米、大豆などの穀物類、ほうれん草のおひたしなどの煮込み野菜をよく食べていました。
私の小さい頃なんか、食卓には色々小鉢が並んだものです。

 ところが近年、若い人を中心に、ハンバーガーなどのジャンクフードを食べることも多くなり、食卓で、ものを食べる機会も次第に減り、食卓に色々なおかずが並ぶことも少なくなってしまったように思います。
これは、日本人に拘らず現代人すべてに言えることではないでしょうか。

 そもそも人間は、規則正しい時間に自然素材の“体においしいもの”を食べてきました。
良くも悪くも生活習慣の変化によって、老若男女問わず現代人は、カルシウム、食物繊維、ミネラル類が不足しがちです。
そこで私は強く言いたいのです。
何よりも“体においしいものをまるごと食べる”ことです。

 ジャンクフードなどカロリーだけ高く、脂肪やたんぱく質をありあまる程含む栄養過多の食べ物やサプリメントのように栄養学的に質は満たされていても量の足りないものを摂っていると、本来人間が持つ身体の機能を決してよい方向にもっていってくれません。
自然素材をまるごと食べないと腸のぜん動運動がそこなわれ、結果的に便秘になったり、下痢になったり、コレステロール値を上げたり、高血圧になったり、またあまり食べなくても隠れ肥満の原因にも繋がります。

 腸は名医であると言われ、食べるという行為は、生きていく上で最も重要な基本的行為です。
皆様もぜひ“体においしいもの”をまるごと食べて、人間の本来持っている免疫力を高め、この暑い夏を乗り切っていただきますよう、心から願っております。

 


黒ごま黒豆パワー
商品一覧
黒汁
黒豆黒ごまきな粉
黒茶
三穀食
雑穀造り
当確茶
頑張れ茶・茶・茶
原材料取り扱い品目
加工食品取り扱い品目
ご利用者の声
社長のひとりごと
お問い合わせ